マネージャーを目標としてみる

仕事で強いやりがいを感じたいのであれば、リーダーを目指す目標を持つのもいい。

人の上に立って行う仕事には、強いモチベーションが感じられる。リーダーが決定したことは、チーム全体の行く末を大きく左右するほどの影響力を持つ。それだけにリーダーの重圧は大きく、失敗すれば責任は重大となる。開発業務中は常にプレッシャーを感じることになるが、その分開発をやり遂げた時の達成感も大きい。
IT業界で働くなら、いずれは開発チームのリーダーになる目標を持つとモチベーションを高く上げることができる。例えばソフトウェア開発分野では、プロジェクトマネージャーが開発チームの最上位に立つリーダーであり、将来の大きな目標として掲げられる。プロジェクトマネージャーの仕事では、クライアントとの交渉や上位の設計業務などに活躍の場面がある。
一方で、プログラマーのように末端のソフトウェア開発の業務に携わるケースはほとんどない。現実にプログラマーがプロジェクトマネージャーを目指す場合には、いくつかのキャリアを経ることになる。まずは、システムエンジニアやプロジェクトリーダーの中間に位置するキャリアを経て、最終的にマネージャーの地位に立つことができるのだ。その段階に至るまでには長い時間がかかるだけでないばかりか、実際にマネージャーになれるのはごく限られた人間だけである。そういった経緯もあることから、キャリアアップをしてマネージャーの地位にたどり着いた時の達成感は大きく、目指してみる価値は十分にある。