ご褒美を設定した目標を掲げる

ソフトウェア開発の仕事は、過密スケジュールゆえにプログラマーやシステムエンジニアといった開発技術者への負担が大きい職場も珍しくはない。

そのため心身に疲労が蓄積してしまい、中には働く意欲を失ってしまう開発技術者もいる。働き始めた当初は大きな目標を掲げて意欲的に働いていた開発技術者も、厳しい仕事が続くと疲弊して働く目標を失ってしまうことが少なくない。そこで、開発技術者として働き続けるには、モチベーションを上げるスキルが欠かせないのだ。辛い場面で自分を鼓舞して、開発業務の厳しい局面を乗り越えられる意欲を持ち続けられるスキルを持っていれば、仕事を辞めたいと感じることもなくなる。
働くモチベーションを上げるためのコツとしては、結果を出せば何らかのご褒美が得られる目標を設定することも方法の1つである。例えば厳しいスケジュールの開発業務が終われば、海外旅行に出掛けたり、あるいは欲しいものを購入するなどのモチベーションが上がる目標を設ける。そうすれば、難局を乗り越えるだけの意欲が蘇ってくるはずだ。ただし、ご褒美でモチベーションを持続させる方法は、エスカレートしがちなため注意が必要となる。
いずれは簡単なご褒美では満足ができなくなり、金銭的な負担が大きくなりかねない。そこでどのような目標を設定するかについて、バランス感覚が求められる。適度にバランスの取れた目標を掲げ、無理のない範囲でモチベーションをアップさせるご褒美を設定するのが、長続きさせるコツでもある。